ユーザーに価値を与えるコンテンツってどんなだ?素人が真剣に考えた

ユーザーに価値を与えるコンテンツとは!!

主に以下の二つだと結論を出しました。

1. ある事柄に興味がある人の為に、代わりにその事を調べて調べて調べまくって、分かりやすくまとめてあげたコンテンツ。

2. 自分が知っていて有利な事を、知らない人の為に分かりやすく説明してあるコンテンツ。

上記が合っているのかどうかも分からないし、逆にもしかしたら、いまさら何を当たり前の事を言ってるんだと言われそうですが、私はSEOやWebライティングについては素人ですので、考えに考え抜いて、上記の結論に達しました。

そう思いいたるまでの流れはこうです。

まず、反省です。ちまたの情報に踊らされて(自分のせいですが)、今まで内容の薄い記事を多く書いてしまいました。

理由は更新頻度が多いとSEO的に優遇されると聞いたからです。

しかし、SEOについて書いた情報サイトをいろいろ見てみると最終的には皆こう言っているのです。

Googleは「ユーザーに価値を与えるコンテンツを評価する」と。

まず、ここで私の目標を言います。

【ここ(このブログ)をたくさんの人に見てもらえるブログにしたいんです】

しかしこのブログは、途中からどんなに記事をアップしても閲覧数(PV)がほとんど増えていません。

このブログ開始直後は良かったのです。記事をアップすればアップしただけ閲覧数が増えましたから……その時は、もう何も考えることなく記事を投入してました。

それに更新頻度が多いブログはSEOも有利になると思ってどんどん書いていたのです。

しかし、途中から閲覧数が伸びなくなったのです。

タグ?キーワード?

それらが悪いのだろうと思い、よく分からないままにいろいろなことを試しました。何度も言いますが、私はSEOについては全くの素人です。

WebでSEOについて調べては実行、SEOを調べては実行を繰り返していたのです。

しかし、あるサイトではSEOには「これが良い」と書いてあるのに、他のブログでは「それは今では効果が無い」と書いてあったりします。

どうすれば良いですか?本当に……

それに思います。

私が完璧にSEOを理解していても、そしてすべてのSEO施策を完璧にこなしても……

それは不変ではない ということです。

いつも、Googleさんの実施するなんとかアップデートに怯えなければいけません。日々の検索アルゴリズムのアップデートによる、順位の変動に一喜一憂しなければいけません。

そんなのは嫌です。

(別にSEOを否定しているわけではないです。念のため)

出来るだけ周りに影響を受けず、自分のブログを運営したいのです。

そしてSEOについて調べるのに疲れた頃に結論が出たのです。

ブログを運営する者にとって不変のものがあるじゃないですか。

それはGoogleさんは「ユーザーに価値を与えるコンテンツを評価する」

Googleはユーザーに価値を与えるコンテンツを評価する

というコレです。これは今までも、そしてこれからも不変なのです。

書きたいんです。その「ユーザーに価値を与えられるコンテンツ」というのを。

ユーザーに価値を与えるコンテンツとは何ですか?

私は必死に考えました。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

ブログを読むユーザーに取っての「価値」とは?

ますは価値について調べてみました。

物事の持つ、目的の実現に役に立つ性質、もしくは重要な性質や程度を指す

出典:ウィキペディア「価値」

やばい。いきなり意味が分からない……

どうしよう。意味が分からない

では、人間にとって役に立つ、もしくは重要な事柄について私なりに考えてみます。

人間にとっての価値ある(大事な)ものとは?

次の二つではないでしょうか?

・時間

・経験

時間は人間にとって最も大事なものだと思います。

そして経験、もしくは体験によって得るもの。これも人間にとって重要です。

他にも人間にとって大切なものはいっぱいあるでしょうが、私はこの二つがユーザーにとって価値あるものだと考えました。

では、ユーザーにとって価値あるコンテンツとは?

ズバリ時間を節約できる情報(自ら体験しなくても)経験・体験について分かる情報と勝手に推測します。

それはどんなものか?

まず、時間を節約できる情報とは?

まとめ記事などがそうだと思います。

例えば、とある人が初めて共同購入クーポンサイトを利用したいと思ったとします。

世の中には、たくさんの共同購入クーポンサイトがあります。

一つずついろいろなサイトを確かめるのは大変です。時間がかかり過ぎます。

だからと言って、たくさんの共同購入クーポンサイトからテキトーに選んだサイトでは、それが実は全く良くないところだったら?

誰しも損をするのは嫌ですよね。

そこで、ユーザーさんに素晴らしい共同購入クーポンサイトの情報を提供できれば、それは価値あるコンテンツだと思います。

クーポンサイトの情報も一つでは好みが別れてしまうので、三つぐらいおすすめの共同購入クーポンサイトを紹介してみてはどうでしょうか?

ユーザーさんはたくさんの共同購入クーポンサイトからあーでもない、こーでもないと考えることなく良いクーポンサイトを利用することが可能になります。

皆の時間の節約になります。例えば、

10人の人が共同購入クーポンサイトを利用したいと思い、皆が1人2時間ずつ良いサイトを調べるのに費やしたとしましょう。

その調べる方法は共同購入クーポンサイトのQAを見たり、人に聞いたりです。

しかし、ここに一人の人が現れて、その人がいくつもの共同購入クーポンサイトを調べて調べて調べ抜いたとします(場合によってはお試し的に利用もします)。

その人が自分の調べ抜いた結果から、素晴らしい共同購入クーポンサイトの情報をコンテンツとして展開していたらどうでしょう?

共同購入クーポンサイトを知らない10人は記事を読むだけで素晴らしいクーポンサイトの情報が分かるのです。記事を読むのに5分を使ったとします。

すると、残りの1時間55分は得をしたことになります。

下手なクーポンサイトを利用して損をすることも無いです。

これこそ価値のあるコンテンツではないでしょうか?

経験、体験について分かるコンテンツとは?

ユーザーが知らなかったことを教えてくれるコンテンツ、もしくは知っているけど経験したことがない内容を教えてくれる情報が価値あるコンテンツだと思います。

仮に、絵を描く趣味の人がいたとします。

その人は、その自分が描いた絵を販売したいと思ったとします。

しかし、とてもこんな素人の絵を買ってくれる所がいあるとは思いません。

そんな時、もし個人が趣味の絵やイラストを販売する方法を教えてあげられるコンテンツがあればどうでしょうか?

それもユーザーに価値を与えられるコンテンツです。自分だけが知っている、もしくは自分以外の大多数が知らない情報を伝えるのです。

「時間短縮」と「経験・体験」の合わせ技?

自分の体験を踏まえた比較サイトや比較の情報などがそうだと思います。

ある人が子供を連れて回転寿司に行きたいと思います。

家から行くなら、A店かB店です。

しかし、今までどちらのお店にも行ったことがありません。子供を連れて行くならどちらが良いのか?

どちらを選べば良いか迷います。

その時に、家族連れをターゲットとした、回転ずしAと回転ずしBを比較したコンテンツがあれば、それもユーザーに価値を与えられるコンテンツだと思います。

今回はいろいろと例をあげましたが、上記は実は私のブログで実際に訪問者数の多い記事のことを書いています。

今まであまり考えずに記事を量産してきた私としては、思いつきで書いた記事がたまたま訪問者数が多いこともあります。

しかし、振り返ってみると上記のように読んだ人が時間短縮できる記事か、何を選べば良いか迷う時にその道案内になる内容の記事がPVを集めています。

今まで、思いつきで質の低いコンテンツを量産してきましたが、このままではいけません。今後各記事は出来るだけ読んで頂ける方に価値を与えられるような記事を書きたいと思います。

だって、自分の書いた記事を読んだ人が「ああ、読んで損した」とか「ち、時間の無駄だった」と思うのはつらいでしょ。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る