PVモンスターと依頼主とライターはWin×Win×Winの関係

PVモンスターさんに登録したniyutaです。

PVモンスターとはライティング特化型のクラウドソーシングサービスのような感じです。

PVモンスターさんはライターに対するサービスというかバックアップがしっかりしている……と私は勝手に感じています。

理由は簡単です。

PVモンスターさんが……

依頼主 × PVモンスター × ライターが……

Win × Win × Winの関係だからです。

従来のWebライティング特化型のクラウドソーシングサービスですと、流れはこうなります。

▼従来のクラウドソーシングサービスの流れ

【依頼主】が記事を依頼

【クラウドソーシングサービス】が登録しているライターに記事を依頼

【登録ライター】が受注して記事を作成

▼従来のクラウドソーシングサービスの報酬の流れ

そして、記事を受け取った【依頼主】がクラウドソーシングサービスに記事の代金を支払い

【クラウドソーシングサービス】が案件のシステム利用料を徴収(記事代金の約20%程?)

【登録ライター】が記事代金を受け取る

これもある意味Win×Win×Winの関係かもしれません。

依頼主は広く記事を募集して単価を下げることができますし、クラウドソーシングサービスは仲介して手数料を得ることが出来ます。

そして、ライターはクラウドソーシングサービスに登録することにより、たくさんの案件から自分の書けそうな案件に応募して記事が書けます。

しかし、しかしですよ。

一時的にお得に偏りが生じる可能性があります。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

誰でも副業としてライターの仕事が出来るのは良いが……

話は少し逸れますが、趣味で小説を書いている私としては、小説投稿サイトというものに大変感謝しております。

私のような素人にも書いた小説の発表の場を与えてくれたからです。

趣味の小説を公開するなら小説投稿サイトは「E★エブリスタ」が良い
文章を書くのが好きで、趣味で小説を書いているniyutaです。私としては勘違いをしてしまいそうですが、趣味で小説を書いている人は案外...

大感謝です。

そしてクラウドソーシングサービスにも大感謝です。

文章を書くこと自体が好きな私に、Webライターの副業をする場を与えてくれたからです。

素晴らしいです。

しかし、私のような文章を書くのが好きなだけの者でもクラウドソーシングサービスではライターの案件が出来るのです。

これはつまり、キーワードやテーマにそって原稿用紙2枚程度の文章を書く事が出来る人なら誰でもWebライターの副業ができるということです。出来上がった文章の質はまた別の話ですよ。

つまり、クラウドソーシングサービスの流行りによって、副業ライターをやる人が増えた訳です。

つまりどうなったかというと……

記事単価が下がります。文字単価がどんどん下がります。

Webライターの副業をするなら気になる!文字単価の相場はいくら?
みなさん、Webライティングのお仕事の収入がいくらぐらいか知っていますか?文章を書くのが好きなniyutaです。試しに副業と...

これは、当たり前です。

クラウドソーシングサービスの狙いが元々それだからです。広く大勢の人に作業を依頼して安く高品質なモノを手に入れるのがクラウドソーシングサービスの本来の目的なのです。

そうなるとどうなります?

得をするのは依頼主だけでは無いですか?

損をするのは文章を提供するライター側です。

しかし、依頼主側として記事の単価が下がるのは良いですが……

依頼主側も喜んでばかりはいられません

クラウドソーシングサービスの台頭により、依頼主は記事を安く手に入れることが可能になりました。

安く記事を買い取ります。

どこから?

不特定多数の人からです。

依頼主は記事に対して安いお金を払いますが、もし納品された記事の品質が支払った金額よりもさらに粗悪なものだったら?

修正は依頼するかもしれませんが、手間がかかります。

納期もどんどんかかります。

結局は少し文字単価が高くても実力のあるライターに最初から依頼していた方がお得だったかもしれません。

では、適当な文章を大量生産して報酬をもらうライターが一番得か?

では、結局は粗悪な文章を納品して報酬をもらったライターが一番お得だったのか?

いやいや、長い目で見ればそれが得策とは思えません。

黙々と良い文章を納品し続けて、良い依頼主と繋がりが出来た方が将来的にはお得になります。

結局、依頼主は良い文章を書けるライターを探さなければいけません

依頼主は依頼主で大変です。良い文章を手に入れなければ、お客は掴めません。

良い文章をたくさん手に入れて、自社のWebサイトを飾ってお客様に見て欲しいです。

その為にはお客様の見るインターネットの画面に自社のサイトを表示しなければいけません。

必死です。

そりゃ、高いお金を払って、検索エンジンで上位表示させることが出来る文章が書けるライターに依頼出来ればいいですよ。本当に。

でも、検索エンジンで上位表示(SEO対策)出来る文章を書けるようなライターは高いに決まっています。

そんな文章をいくつ買わなくてはいけないのですか?

それに検索エンジンの表示の順番はどのように決められているのか誰にも分かっていないのですよ。

高いお金を出して高いライターから記事を買っても、それで確実では無いです。

では、宝くじに期待するようにクラウドソーシングサービスで安い記事単価で記事をたくさん集めますか?そして運良く上位表示されるのに賭けるのはどうでしょう?

労力がもったいないです。

あれ?あれ?あれ?

そういえば、クラウドソーシングサービスさんだけは、損をしません。

依頼主が安く良い記事を手に入れようが、悪い記事をつかまされようが。

ライターが良い記事を提供しようが、それでも単価が下がろうが。

一律20%程度のシステム利用料を手に入れることが可能です。

いや、クラウドソーシングサービスが、一人勝ちだと、得をしていると言っているのではありません。

クラウドソーシングサービスはクラウドソーシングサービスで必死でしょう?

依頼主が案件を依頼しないと利益が生まれません。

ライターが記事を書かないと利益が生まれません。

ただ、このシステムでは、お得さに偏りが生じる事があると言っているのです。

そこで登場するのがPVモンスターです。

【PVモンスター】

PVモンスターさんのシステムの詳細は下記をご覧ください。

ライターが利用すべきPVモンスターの3つの大きなメリット!!
サイト運営のスキルはいりません。ドメイン代もレンタルサーバー代もいりません(登録時に審査用のサイトかブログは入りますが)。頑...

PVモンスターはみんなの努力が実を結ぶ

大枠はライティング特化型のクラウドソーシングサービスと一緒です。

▼PVモンスターの作業の流れは

【依頼主】が記事を依頼

【PVモンスター】が登録しているライターに記事を依頼

【登録ライター】が記事を作成

ただライターに支払われる報酬の方法が違うのです。

記事作成の報酬はその記事の閲覧開始数の量によって支払われるのです。

具体的にライターに支払われる報酬の計算方法は下記です。

「閲覧開始数」 × 「単価」 × 「60%」

誰も損をしないのです。

(誰からも閲覧されなければ、記事を書いたライターは損をしますが)

まず、一番得をするのは依頼主でしょう。

実際に自社のサイトに訪問者が来た分だけお金を払えば良いのですから。

来なければ1円だって払わなくて良いです。

完全歩合制の営業さんを雇ったようなものです。

もう悩まなくても良いです。

粗悪な記事を購入してしまっていらぬ出費が発生することは無いのですから。

インターネットからお客様が訪問しない記事には全くお金を払わなくて良いのですから。

そして必死に良い記事を集める必要も無いです。

ライターも本気ですから。

書いた記事に訪問者が集まらなければ、ライターには1円も入ってきません。良い記事を書かなければいけないでしょう?

次に得をするのはライターです。

訪問者が集まれば集まるほど、継続的にライターには報酬が入ってくるのです。

どれくらい入ってくるのか?

簡単に計算してみます。

PVモンスターさんで某アフィリエイトサービスが依頼を出していましたので、こちらを例にします。

キーワード「アフィリエイター」の単価が5.85円です。
PVモンスター
出典:PVモンスター

「アフィリエイター」というキーワードは月間の検索ボリュームが2,400回だそうです。

月に「アフィリエイター」というキーワードで2,400回検索されるということだと思います。

記事が検索エンジンの1ページ目の1番に表示された場合のクリック率が15〜17%です。

つまり、ライターの記事が検索エンジンの一番に表示されれば、360回クリックされるということです。

まさか、「アフィリエイター」で上位表示されるのに他の検索キーワードで全く上位表示されない訳がありません。

例えば「アフィリエイター 稼ぎ」、「アフィリエイト おすすめ」などでもクリックされるはずです。

少なめに見積もって、1ヶ月に1,000回クリックされたとしましょう。

1,000 × 5,85 × 0.6 = 3,510

月に3,510円です。

記事が掲載されている間はずっと毎月毎月(1,000回クリックされれば)3,510円報酬が発生するのです。

それが一年間続けば4万円です。

ライターとしては言うことなしです。

では、PVモンスターは?

そして問題はクラウドソーシングサービスのPVモンスターです。

他のクラウドソーシングサービスのように一律20%というような報酬では無いです。

依頼主から入る金額の60%がライターで、残りの40%がPVモンスターなのです。

記事が閲覧されなければPVモンスターさんにも一円も入ってきません。

いうなればライターと一連托生です。

PVモンスターさんとしてはライターと一緒になって、依頼主に最適な記事を提供出来るように頑張らなければいけません。

逆にインターネットからたくさんの訪問者を呼び込めるような記事を依頼主に提供出来れば、ライターと同じように継続的に報酬が入ってくるのです。

ライターと同じく必死です。

しかし、これが健全な関係では無いでしょうか?

本当の意味で依頼主 × クラウドソーシングサービス(PVモンスター) × ライターが……

Win × Win × Winの関係だからです。

【PVモンスター】

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PVモンスターと依頼主とライターはWin×Win×Winの関係
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る