Webライティングで文章を最後まで読んでもらう方法を考えてみた

Webメデイアでも小説でも、重要なのは最後まで読んでもらうことだと思っています

趣味で小説を書いているniyutaです。

そしてお小遣い稼ぎに副業でWebライティングを始めてみました。

文章を書くのが好きなので小説を書いて、そしてWebライティングもやっているのですが、「好きこそ物の上手なれ」 とはいかないようです。

あまり、文章力がない為に悩んだりします。

今回は、Webコンテンツの文章を最後まで読んでもらう方法、書き方について考えてみました。 というか調べてみました。

せっかくですので、趣味の小説と比べて考えてみたいと思います。

小説家とWebライター。

同じ、文章を書いて読んでもらう職業だとしてもWebライターのテクニックと小説を書く技術はかなり違いがあると思います。

Webライティングのテクニック、文章力とはどのようなものなのでしょうか?

ベストセラーを連発するような小説家は文章力があることと思いますが、ベストセラー作家がWebメデイアのコンテンツを書けば、最高の文章が出来上がるのでしょうか?

プロの作家さんが書けば、それはWebメディアでも、最高のコンテンツが出来上がるかもしれませんが、小説の書き方とWebライティングでは手法を変えなければいけないことと思います。

小説とWebライティングの書き方では似たところもありますが、違う部分も多いはずです。

下記がWebライティングの私が調べた結果です。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

Webメデイアの読者は何を必要としているか?

小説でも、Webコンテンツでも、もっとも重要な事は文章を最後まで読んでもらうことでしょう。

どんなに最高の文章を書いたとしても最後まで読んでもらわないことにはどうしようもありません。

最後まで読んでもらう為には!小説の場合

小説を最後まで読んでもらう為に、小説の作家さんが重要視しているのは【出だし】だそうです。

小説の場合、もしも「出だし」で読者の心を掴む事が出来なければ、第一章の終わりまで読者を引っ張っていくことはできないでしょう。

名作と呼ばれる小説は、出だしで主人公が困難に陥る事から始まるものが多いと思います。こうして、読者の興味を引くわけですね。

そして、主人公をさらなる困難に陥らせていきます。

これが、小説でいうところのストーリー・ラインです。

そして、結末がおもしろくなければ失敗作とみなされるのが小説です。

つまり「出だし」がつまらなければ、読者に読んですらもらえない。しかし結末が最低であれば、読者に喜んでもらえない。それが小説です。

小説はストーリーというものを大事にします。

それに比べて、Webライティングは違います。

最後まで読んでもらう為には!Webメデイアの場合

Webライティングでも、読者に「このコンテンツを読みたい」と思ってもらうことは大事です。

そういう意味ではタイトルや導入部は小説同様に重要です。

しかし、その後に続くのは読者を惹きつけるストーリーではありません。

Webライティングで重要なことは、コンテンツの冒頭に結論と読者の利益を書くことです。

※解説文や、コラム、体験談などWebコンテンツの形態にもよりますので、上記が100%当てはまる訳ではございせん。

Webライティングの場合、「このコンテンツを読むことにより、あなた(読者)の生活は(素晴らしい方向に)このようにかわる」と書くことが重要なのです。

その利益と結論を読んだ読者が、このコンテンツは、まさしく自分が探していた情報だと知れば、きっとあなたの書いた文章を最後まで読んでくれることでしょう。

ですので、Webコンテンツの文章の流れは下記のようになります。

例として若ハゲの方にうってつけの育毛剤の説明ページとしましょう。

【文章の構成】

▼読者の利益、もしくは悩みの解決方法

あなたの髪が育毛されることで、今までのこうだったあなたの生活が、このように素晴らしく変わります。

▼結論

この商品はあなたの頭に髪をはやします。

▼説明・利点

この育毛剤はこのように優れています。

▼説明・詳細/理由

なぜなら、こうだからです

Webコンテンツ最後まで読んでもらう為には!まとめ

・小説でもWebライティングでも読んでもらう為には出だしが大事

・小説では、主人公は困難に次ぐ困難の後にクライマックスを迎えて、結末を迎えるが、Webコンテンツの読者には結果がどうなるのかが重要

・さらにそこにターゲット(読者)に向けた利益が加わるのが良い

Webライティングの世界。奥が深いです。私ももっと精進したいと思います。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る