副業Webライターにもオススメ!ChatWorkの便利な使い方

インターネットが普及したことによって、ネットメデイア上で公開されるコンテンツ記事の作成が求められるようになりました。

その結果、Webライターの需要は高まっていおり、本業のWebライターだけでなく、副業としてWebライターをする方も多くなりました。

その中で、ひとつのツールとして話題になっているのがChatWorkです。

ここでは、ChatWorkの便利な使い方についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

ChatWorkを打ち合わせに使う

Webライターとして仕事をしている方の中には、サイト(Lancersのようなクラウドソーシングサービス)を経由して仕事をしている方も多いかと思います。

しかしながら、サイトを通してのやり取りというのは時間がかかるものです。

サイトからの通知メールが遅れることもありますし、そもそもサイトにアクセスできなくなってしまったらおしまいです。

そういった時にChatWorkを活用すると、仕事相手とのやり取りがスムーズにできるようになります。

発注者と受注者の両方がChatWorkに登録し、コンタクトの追加、承認をすることによってリアルタイムでの打ち合わせが可能になります。

1対1だけではなく、複数人での打ち合わせも可能になります。

副業ライターと依頼者のコミュニケーションツール「ChatWork」
文章を書くのが好きでとうとうライターの副業を始めたniyutaです。最近は在宅で仕事をする人も増えてきましたね。中でもライタ...

ChatWorkのタスクで期限付きのやり取りをする

仕事をしていると、お互いに「~までに~をして」という期限付きのやり取りが出てくるものです。

Webライターであれば発注者の方から「~日までにこの記事を仕上げてください」と言われるでしょうし、今度は発注者の方に「~日までに確認をお願いします」といったお願いをすることもあるでしょう。

ただ、これらのやり取りを口約束だけで終わらせるのは不安があるものです。

ChatWorkであれば、タスクという機能がありますのでタスクの依頼をしたり、タスクの依頼を受けたりすることによって、こういった期限付きのやり取りをより目に見える形で管理していくことができるのです。

ChatWorkの便利な使い方01

Webライターという納期に厳しい仕事をしているからこそ、よりありがたみが感じられるでしょう。

ChatWorkのマイチャットをメモ帳代わりに

ChatWorkにはマイチャットというものがあります。

これをメモ帳代わりに使っていくことによって、より仕事の管理というものがしやすくなります。

マイチャットの下にはずらっとコンタクト承認した相手が並ぶことになりますので、複数の発注者から仕事の依頼を受けているWebライターの方であればより効率的に仕事を進めていくことができるのではないでしょうか。
ChatWorkの便利な使い方02

デスクに付箋などをしておくよりも、ワンクリックでメモを確認することができますので便利です。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る