遂に日本導入!Amazonプライムリーディングとは?

私はGoogleとAmazonが大好きです。

その先進性が大好きなんです。

ですので、今回もAmazonプライム会員サービスについての記事です。

Amazonプライムミュージックときて

Amazonプライムミュージックがすごい!3つのオススメポイント
時間は有限です。みなさん時間は大切にしましょう。 という訳で以前、Amazonプライムについて簡単に説明する記事を書きました。この記事...

Amazonプライムビデオと来たら!?

驚きのサービス!Amazonプライムビデオがスゴすぎる
Amazonプライム会員の良さを伝えたくてウズウズしています。 しかし、みなさんは私の長いしょーもない説明は読みたくないでしょうから...

次は!!

Amazonプライムリーディングでしょう。

Amazonプライムリーディング
出典:Amazonプライムリーディング

冗談ですよ。目新しいから紹介するだけです。 Amazonプライムのサービスの中で Amazonプライムリーディングはそんなに良いサービスではない気がします(個人の感想です)。

2017年10月から、遂に日本でも導入されたAmazonプライムリーディング。

本が自由にダウンロードできるサービスということですが、すでに日本ではAmazonの電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」が展開されています。

それとはどう違うのでしょうか?
今回はそのサービス内容について詳しくお伝えします!

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

Amazonプライムリーディングのサービスとは

プライムリーディングのサービスは、Amazonプライム会員が利用できる電子書籍の読み放題サービスです。

「えっ、それならkindle unlimitedと同じサービスじゃん!」

そう思ってしまいそうですが、プライムリーディングはkindle unlimitedと比べて以下の2点が異なります。

  1. Amazonプライム会員であれば無料で利用可能(メリット)
  2. 登録されている本の冊数が少ない(デメリット)

Amazonプライム会員であれば無料で利用可能

Amazonプライムリーディングの大きな魅力は、Amazonプライム会員であれば無料で利用ができるという点です。

Amazonプライム会員は、月額325円で

  • 配送料無料
  • プライムビデオ(動画見放題)
  • プライムミュージック(音楽聞き放題)

といった、魅力的なサービスを受けることができますが、今回そこに「プライムリーディング」がさらに加わりました。

ちなみにkindle unlimitedは月額980円の利用料金がかかるため、この点においてプライムリーディングは大きなメリットがあります。

登録されている本の冊数が少ない

お金がかからないプライムリーディングの方が、kindle unlimitedよりもお得なのは間違いありません。

しかし、プライムリーディングはkindle unlimitedと比べて、登録されている本の冊数が圧倒的に少ないのです。

kindle unlimitedでは和書が12万冊、洋書が120万冊以上読み放題なのに対し、プライムリーディングに2018年3月時点で登録されている冊数は、和書洋書合わせて962冊です。

本が好きでがっつりと読みたいという方はkindle unlimited、とりあえず気になった本を月に何冊か読めればという方はプライムリーディングが良いでしょう。

Amazonプライムリーディングまとめ

今回はプライムリーディングの魅力についてお伝えしました。

「電子書籍にまだ触れたことがない」という方には、ぜひ1度利用していただきたいサービスです。

プライム会員は1か月間無料でお試しもできますので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう!

30日間の無料体験を試す

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

遂に日本導入!Amazonプライムリーディングとは?
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る