これは便利!自分で出来る無料のファイナンシャルプランニングソフト

ファイナンシャルプランニングという言葉を最近よく耳にしますよね。その専門家はファイナンシャルプランナー(略してFP)と呼ばれる国家資格保有者のことを指すのは皆さんもご存じと思います。

ファイナンシャルプランを作成すると、このままでは68歳ぐらいで資産が尽きてしまうと不吉な結果が出てしまうniyutaです。

このファイナンシャルプランニングとは、簡単に言えば「未来の家計簿」です。

進学、就職、結婚、出産、退職という人生の大きな流れの中に、自動車の買替えや住宅取得といった比較的大きな出費と、給料や年金といった収入を織り交ぜて、未来の収支のバランスをシミュレーションすることなのです。

これを行う事で何が分かるのかといえば、例えば老後の資金計画が明確になったり、将来のおおよその貯蓄額を知ることが出来たりといった、我が家の家計分析が可能となり収支改善といったことに利用できるのです。

従って、ファイナンシャルプランニングは主に銀行、証券、保険の世界に携わる人が保有している資格であり、そういった金融機関に行けば専用の窓口があって相談からシミュレーションまでをしてくれます。

しかしそこで問題としてよく言われる点が以下です。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

ファイナンシャルプランナーにプランを作成してもらう問題点

●訪れた金融機関に自分の個人情報を教えることに抵抗がある(現在の貯金額や給料、月々の返済額など事細かに教える必要があるのです)

●金融機関に相談すると必ず商品を勧められる(特に保険の場合はファイナンシャルプランニングを保険の勧誘と同義語のように扱うところが多いと言われてるようです)

こういった点は、利用者からすればただ自分の将来の資金状態をシミュレーションしてその結果を知りたいだけなのに、給与額や貯金額といった完全な個人情報までなぜ教えなければならないんだ!という理窟になり、はた迷惑なことなのです。

だからこそ、ネットで簡単に誰とも会わず自分自身の必要事項だけ入力して結果が見れるシステムというのが求められていたのです。

そしてそれを実現してくれるのが無料ライフプランソフトの「Financial Teacher System」です。

このソフトが優れている点は、これまでのライフプランソフトは、一般的なデータ(例えば結婚の平均年齢や年齢別平均給与額など)に全て平均値を利用しているのに対し、「Financial Teacher System」は個々人固有のデータを入力することで平均値比較とは異なる、精度の高い個別分析ができるようになっていることです。

また現在加入している保険の分析や見直しにも使えますので「来店型保険ショップ」などにいって個人情報を話す必要もなく、従って勧誘を受ける心配もありません。

またキャッシュフロー表という視覚的に見れる将来の資金収支予測表も作成できますので、金融知識がない人でも理解しやすいというメリットがあるのです。

このソフトはプロの業者も愛用するものですので、高い信頼性と情報力が売り物なのです。

誰にでも付きまとう将来のお金の不安。

自分固有の資金収支予測を知ることで、その不安を解消することが出来ます。

そのために役立つのが、無料で使えるクラウド型フリーライフプランソフトの「Financial Teacher System」です。

是非一度お試しあれ!

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

これは便利!自分で出来る無料のファイナンシャルプランニングソフト
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る