ITエンジニアについて知りたければココをクリック

ITエンジニアに資格は必要?未経験こそあった方が良い

ITエンジニア

こんにちは、29歳の時にIT業界に進みたいと思い、突然、それまでやっていた仕事を辞めて未経験からITエンジニアを目指したniyuta (@niyuta)です。

niyuta
niyuta

今回、ITエンジニアに資格は必要か?と言う内容で記事を書きます

結論から言うと、未経験でITエンジニアを目指すなら資格はあった方が良いです。

未経験なのに、資格だけ持っててもあまり意味は無さそうですが、IT業界未経験なのにIT業界を目指す訳なんだから、あるにこしたことはないです。

未経験なんです。何が得意とか言えないんでしょう?そうなると資格しかないですよね?

前回の記事では、派遣会社に何社も登録をして、ようやくサーバー構築の仕事に巡りあえたと言う内容で記事を書きました。

何社も何社も派遣会社に足を運んでようやく……

niyuta
niyuta

ようやく、ITエンジニアっぽい仕事が出来そうですよ!

もう、年齢は30歳(目前)!!

後戻りは出来ません。

「その企業様にぜひ、面談に行きたいです」

派遣会社のコーディネーターさんに私は頼みました。

すると派遣会社のコーディネーターさんはこう言います。

「Linux(リナックス)は出来ますか?」

「へっ?」

Linuxってあの……WindowsではないLinux?

と訳の分からないことを私は頭の中で考えます。

Windowsサーバーすら、まともに触った事がない私にLinuxなんて出来る訳がないです。

niyuta
niyuta

Linuxを使うんですか?

私が派遣会社のコーディネーターさんに聞くとコーディネーターさんはこう答えます。

Linux上にWebフィルターを構築する業務だそうです。

な、な、なんかよく分かりませんが、難易度が高そうです。

IT未経験の私にそんな高度な事が出来るのでしょうか?

「あなた、Windowsサーバーの資格を持ってますよね」

派遣会社のコーディネーターさんが私に言います。

「は、はい。一生懸命、勉強をして取りました」

そうです。私はITエンジニアとしては全くの未経験ですが、MCPというMicrosoftの資格を持っていました。

普通に独学でも取れる程度の資格なのですが、年齢的に時間が惜しいので資格の学校に通ってサクッと取得していたのです。

毎週、土曜日に7時間くらいの授業を8回程度受けてから資格試験に臨むタイプの講座です。

「F社さんでは、新しくLinuxOS上で稼働するWebフィルター製品を構築するサービスを提供する計画があるんです」

派遣会社のコーディネーターさんが言うF社さんとは、今回、私が紹介を希望した大手メーカーのグループ企業でバリバリのIT系です。

Linux技術者がその部署にはいないらしく、Linux使いの派遣社員を探しているとのことでした。

「はあ……」

niyuta
niyuta

その分野の技術者がいないのに、その分野のサービスを提供する計画をたててるの?

最初は不思議に思いましたが、よくよく聞くと、そのF社さんにはセキュリティチームというチームがあり、そこでLinuxOS上に構築はするWebフィルター製品の構築サービスを販売したいとのことでした。

当時、ちょうど世間的にはセキュリティに対しての意識が高くなっていて、さらにF社さんとしては、そのWebフィルター製品のメーカーとの仲良し度とかが相まってどうしてもそのWebフィルター製品を売りたかったらしいんですね。

簡単に言えば、F社さんととあるウィルス対策ソフトメーカーとのしがらみ?です

「それだと、F社さんはLinuxの経験者を望んでるんでは無いんですか?」

試しに私は聞いてみます。

「Linux未経験でも、これからLinuxを深く覚えていきたい人なら大丈夫だそうです。やる気があれば、Linuxの経験が少なくても、人物重視だそうで」

コーディネーターさんは熱っぽくいいます。

「……」

niyuta
niyuta

おかしなことになってきましたよ

F社さんのいう「経験が少なくても、これからLinuxをしっかり勉強していける人というのは、おそらく今までWindowsサーバーに深く関わってきた技術者が、Linuxもやっていきたいと言う意味では?」

しかし、私も後には引けません。

niyuta
niyuta

応募したいです

スポンサーリンク

A社さん面談前に事前打ち合わせ

後日、私はまたその派遣会社にやって来ます。

今日はここの派遣会社からA社さんlに派遣されているKさんと言う方と事前面談です。

niyuta
niyuta

正直、非公式です

私は、もともとはIT業界ではなく未経験であること、しかしITエンジニアを目指していること。

Linuxどころか、Windowsサーバーも扱えないことをぶっちゃけました。

しかし、派遣コーディネーターさんとKさんは、私をF社さんに紹介する方向で話を進めます。

詳しく話しを聞くと下記のことが分かりました。

今回募集のかかっているLinuxのWebフィルターを構築する業務は、Kさんの所属しているチームがやることになっているそうです。

そしてKさんはそのチーム、つまりそのセキュリティチームのチームリーダーをやっているそうなんです。

Kさんがチームリーダーをやっているので、誰かが面談に行くと、KさんはF社さんから履歴書を見せてもらい、「この人で良いか?」と確認される立場と言うことらしいんです。

Kさんが「この人がいいです」といったり、「ぜひ、この人で!」と、言えば受かるそうなんです。

niyuta
niyuta

……

派遣会社のコーディネーターさんは、どうしても自社から、F社さんに二人目を派遣したいとKさんに頼み込みます。

そうなるとKさんもなかなか断れません。

後日、私はF社さんに面談に行き、無事、就業が決まりました。

たぶん、ガチな未経験なので、F社さんに判断を聞かれたKさんも理由には困ったことでしょうが、事前面談をした時にこう言っていました。

資格取得を理由にするつもりだそうです。

今回は特に経験者でなくても前向きに取り組める人を雇うと言うことなので、未経験でも資格を取得している事を理由にすると言っていました。

ちゃんと勉強して資格取得するような人は勉強熱心なはずだから……と。

何にしても、この派遣の仕事が結局は私のインフラエンジニアとしての最初の半歩となったわけです。

少し高いお金を出してまで資格取得の講座に申し込んだ時は、未経験なのにお金を出してまで役に立つかどうか分からない資格の勉強をすることに不安がありましたが、結果は良い方へと繋がりました。

次回の記事はIT業界未経験でバリバリのIT企業に入るも、まさかの理由で派遣切りにあってしまう話しです。

niyuta
niyuta

この記事がみなさんのITエンジニア人生の助けになれば幸いです

ITエンジニア
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
あなたに笑顔を
niyutaをフォローする
おすすめコンテンツ
niyutaのITエンジニア

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました