Webライターの副業!最も効率よく稼げるのは3文字1円以上!?

過ぎたるは及ばざるが如しです。初心者Webライターの場合は、文字単価が高ければ高い程、稼げるとは限りません

こんにちは、Webライターの副業を始めたばかりのniyutaです。

文章を書くのが好きなのでWebライティングの副業を選んだのですが、副業はあくまでも副業です。やはり効率を考えます。

Webライターの初心者が効率よく稼ぐにはどのようにWebライティングに取り組めば良いでしょうか?

文字単価の高い案件をたくさんこなせば稼ぐ事が出来るでしょうか?

私の経験では、そんなことは無いと思います。

Webライティング案件をやる上で、重要なことは程よく文字単価が高いことです。

私が思うにWebライティング初心者が一番効率よく稼げるのは3文字で1円以上のWebライティグ案件だと思います。

具体的に言いますと、500文字書いて167円以上のWebライティング案件という事になります。これが一つの最低ラインだと思います。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

なぜ、程よく文字単価の高いWebライティグ案件を選ぶのか?

クラウドソーシングサービスで募集されているWebライティング案件の文字単価を見て頂ければ分かる通り、単価の安い案件というのは数え切れないほどにあります。でも、それに手を出してしまうと効率が悪いです。

だからと言って単純に文字単価の高い案件を狙えば良いのでしょうか?

いえいえ、そんな事はありません。文字単価の高いライティング案件は専門知識が必要であったり、調査が必要であったりします。一つのライティング案件を完成させるのにそれなりの時間がかかります。

これでは逆にたくさん稼ぐ事ができなくなります。ですので、ある程度絞り込む事が必要になってきます。

重要なのは短い時間で書けるWebライティング案件で、その作業時間に対して文字単価が高いことです。

余談ですが、この時、有利になるのはやはり時間のある人という事になります。何故なら、初心者にとって一番効率の良い案件というのはすぐに埋まってしまうからです。

ライティング案件を受注する側は、新着順に案件が表示される様にして、ライティングしやすそうな案件があれば直ぐに飛びつく様にしなくてはいけません。

しかし、誰もが時間に余裕がある訳ではないと思います。

でも、決して諦めてしまう必要はありません。意外と3文字1円以上という案件は残されているものです。

残り物の案件は、他人が手を出さない分だけ、多少難易度は上がるかも知れませんが、特別に難しいという程ではありません。

だいたいの案件は、ネットで情報を簡単に調べて、それを記事にすればいいというレベルのものです。やってみる価値はあるでしょう。

その時なのですが、一通りネットで情報収集して理解してからライティングを始めるようにしてください。

効率よくWebライティングをするなら、先に全ての調べ物をすること

知識が無い事を頭の中だけで想像して書き上げるというのは実際は、相当難しい作業です。

いちいちネットで調べて、その内容を読むのは大変そうだと思うかも知れませんが、しかし、ネット上のまとめ記事などは一通り読むのに、それほど時間はかからないと思います。

しかも一度読めば、以降はそれを元にしてさらに様々な記事が書ける様になるのでプラスの面が非常に大きいのです。

難しいなと思ったら少し前に戻って、もう一度読み返してみてください。

理解が深まりWebライターとしての実力もつくはずです。

初心者のWebライターにとって最も効率の良い稼ぎ方

それは下記になると思います。

・高すぎず、安すぎない文字単価の案件を選ぶ

(私の経験上、3文字で1円以上ぐらいが最低ライン)

・知識をしっかり頭に詰め込んでからライティングを始める

(次のライティングにいかせるし、自分の書ける得意なジャンルを増やせるので、長い目でみてWebライティングの効率が上がる)

ぜひ、みなさんも効率よくWebライターの副業で稼いでくださいね。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Webライターの副業!最も効率よく稼げるのは3文字1円以上!?
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る