初心者Webライターなら200文字の「説明文」案件を選ぼう

shinobiライティングで文章のタイプは「説明文」、文字数は「200文字」前後を選ぶと書きやすいですよ

みなさんは「shinobiライティング」というサイトをご存知でしょうか?

「shinobiライティング」とは、決まったルールに従って記事を書いて、それが承認されると報酬を得ることが出来る副業サイトです。

報酬はポイント制ですが、そのポイントは現金やAmazonのギフトカードなどに交換することが出来ます。

どんな副業でもそうですが、大事なのは効率よく稼ぐことだと思います。

いくら文章を書くのが好きでも、悩みに悩んで書いた文章で報酬を得て、それを時給に換算したら……200円にしかならなかった……

それでは、もったいないと思いませんか?

ここでは、初心者Webライターが書きやすいWebライティング案件について説明をしたいと思いますが、shinobiライティングの案件のやり方について全く知らない方は、一度下記をお読み下さい。

Shinobiライティングのやり方!ルールと案件タイプについて
私自身はあまり「Shinobiライティング」が好きではないniyutaです。皆さんは、「Shinobiライティング」というクラウ...
スポンサーリンク
レクタン(大)広告

「shinobiライティング」で初心者Webライターが選ぶべき案件

ずばり!自分の得意とする「テーマ」の「200文字」前後の「説明文」案件です。

「shinobiライティング」は、定められたルールに従って記事を書かなければいけません。

この「ルール」とは、「XXというキーワードを本文の中で○回以上使うこと」というような簡単なものなのですが……自分が書きたいと思ったテーマでも、このルールに従って記事を完成させなければいけないとなると意外に苦労します。

また、記事によっては「XXというキーワードは禁止!」というようなルールもあります。

例えばですが、とある地方の観光名所を紹介するような記事を書く場合。

その記事を作成するうえでのルールとして、「海」という単語を5回から8回まで使用しつつ、「食べ物」という単語は使用していけない。というような案件があったとします。

このルールを守った上で、既定の文字数を書きあげる必要があるのですが……

規定文字数の中で、キーワードを効果的に使いながら1つの記事を書きあげる。まさに言葉のジグソーパズルをしている気分になります。

既定の文字数というのは、80文字や200文字の短いモノから、中には2000文字以上の長いWebライティング案件もあります。

2000文字ならば、そこまで長いとは言えないかもしれませんが、ライティングの副業に慣れるまでは2000文字でも大変です。

もちろん、基本的には文字数が多ければ多いほど、貰えるポイントは多いのですが……しかし、文字数が多いという事は、それだけで十分大変でしょう。

逆に80文字などの少なすぎるライティング案件も大変です。文章が短いからと言って書く時間が短くなるとは限りません。ものは考えようで、短かすぎるWebライティング案件は、無駄な修飾語を省く力を身に付けるとう点では、勉強になるかもしれませんが……

しかし、Webライター初心者のうちは、200文字程度の記事から挑戦するのが良いでしょう。最初はそれぐらいの文字数が一番手頃かと思います。

また、下記の記事でもご紹介しましたが、「説明文案件」は比較的簡単に書き上げる事が出来ます。

Shinobiライティングのやり方!ルールと案件タイプについて
私自身はあまり「Shinobiライティング」が好きではないniyutaです。皆さんは、「Shinobiライティング」というクラウ...

まだ、私が文章を書くことに馴れていない頃。

「説明文案件」に分類されているお仕事を探しては受注して、記事に使えそうな情報をインターネットで検索。自分が得た情報と、与えられたルールに従って記事を作成する。という流れで、お仕事をさせて頂いていました。

ただし、コピペはダメですからね?キチンと自分の言葉で書くことが大事です。

そのためにも、沢山の情報を収集して、自分が伝えたい内容を自分の言葉で伝える記事を作成しましょう。

まずは簡単なところから始めるのが、成功の秘訣です。

【Sinobiライティング】

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

初心者Webライターなら200文字の「説明文」案件を選ぼう
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る