Webライターの副業!総合型と特化型のメリットとデメリット

Webライティングをする時、クラウドソーシングサイトはどこを選べば良いか迷いますよね

副業として、これからWebライターの仕事を始めたいと考えている方は多いと思います。

そんな時に手っ取り早く、Webライティングの副業が始められるのがクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい人と、仕事を受けたい人をネットを通して繋ぐサービスです。

しかし、クラウドソーシングサービスには総合型と呼ばれるWebライティング以外の仕事も取り扱っているサイトと、特化型と呼ばれるWebライティングの案件だけを取り扱っているサイトがあります。

▼総合型クラウドソーシングサービスの例

【ランサーズ】

クラウドワークス

▼Webライティングに特化したクラウドソーシングサービスの例

【サグーワークス】

【Sinobiライティング】

これからWebライティングの副業を始めようと思う人は、どのサービスを選べば良いか迷いますよね。

今回は総合型と特化型のクラウドソーシングサービスのメリット・デメリットについて説明をしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

Webライティングにおける、総合型と特化型クラウドソーシングサービスのメリットとデメリット

特化型クラウドソーシングサービスのメリット

特化型クラウドソーシングサービスのメリットは、やはり記事作成のやり易さです。

Webライティングの仕事をクラウドソーシングサービスで行う場合、テーマが設定されていたり、必須ワードというものが設定されている事が多いです。

テーマや、必ず使わなければいけない語句が設定されていると面倒に感じますが、Webライティングには必要な記事作成の課題といえますので、どうしても慣れておく必要があります。

特化型クラウドソーシングサービスは、そのテーマが多く、しっかりと整っているので、案件探しに苦労しないというメリットがあります。

特化型クラウドソーシングサービスのデメリット

依頼者(クライアント)側のWebライティングに対する知識が高いことが多い為、自然に案件受注者側にも高いスキルのWebライターさんが集まる傾向があります。その為、報酬の高い案件の競争率が激しくなります。初心者のWebライターさんにとっては不利な場面が多くなります。

総合型クラウドソーシングサービスのメリット

様々な仕事の依頼を受けられる総合型クラウドソーシングサービスは収入面が安定します。それはなぜかと言うと、同じ文章作成でも案件がWebライティングだけではないので、選びようによっては自分の出来る仕事が多いからです。

例としては、絵本の文章作成のみの依頼であったり、ゲームのシナリオ作成など、Webライティング以外の文を書く仕事も幅広く募集がかかっています。

総合型クラウドソーシングサービスのデメリット

Webライティングに限らず、いろいろな案件を扱うために、特化型クラウドソーシングサービスと比べて、文章作成のルールが明確ではないことが多いです。

また、テーマの多さも、特化型クラウドソーシングサービスと比べると少なく、自分の書ける案件を探すのが大変かもしれません。

(Webライティングの案件の絶対数は、総合型の方が多いので、案件の探し方に慣れてこれば、総合型の方が仕事には困りません)

このように、総合型にも特化型にもそれぞれメリット、デメリットがあります。

みなさん、ぜひ自分に合ったクラウドソーシングサービスを見つけてくださいね。

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Webライターの副業!総合型と特化型のメリットとデメリット
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る