副業Webライター!いろいろな事をしたいなら総合型サイトに登録

文章を書くことが好きだけど、ライティング以外の事もしてみたかったら総合型を選びましょう

こんにちは、Webライター初心者のniyutaです。

副業でWebライターを始めようと思っている方は、仕事探しのためにクラウドソーシングサービスに登録することが多いのではないでしょうか。

私もいくつか登録しております。

現在、国内にはいくつものクラウドソーシングサービスが存在し、その形態は大きく分けて2種類に分かれます。

Webライティングに限らず、プログラミングや翻訳など多岐にわたる副業を紹介する「総合型クラウドソーシングサービス」と、Webライティングの仕事に特化した「特化型クラウドソーシングサービス」です。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

総合型と特化型、どちらのクラウドソーシングサービスを選べば良いか?

Webライターの副業を始めたい方としては、どちらを利用すべきか迷うところですが、おすすめは総合型クラウドソーシングサービスです。

Webライティングの副業を探しているのになぜ?と思うかもしれませんが、その理由は、ライティングの技術を活かして行うことができる他の仕事も意外と多く存在するからです。

例えば、絵本作家を探している依頼者(クライアント)がいたとします。その場合、Webライティングという括(クク)りの案件ではありませんが、依頼文をよく読んでみると絵本の本文のみ書いてくれるライターさんも募集と書かれていることがあります。

絵本作家!魅力的です。しかし、特化型のクラウドソーシングサービスだけで仕事を探していてはこの仕事は見つかりません。

また、Webライティングの副業に慣れてくると、取材やインタビューを実施して執筆を行う方もいるでしょう。その場合、取材のスキルを活かして「文字起こし」や「インタビュー」を募集している案件にも応募することができます。

これも特化型だけを見ていては、こんな案件には巡り会えません。

また、私が良いと思うのはWordPress(ワードプレス)などに直接記事を書いて欲しいと募集している案件です。

WordPress(ワードプレス)というのはブログを書くためのソフトのようなものですが、その使い方や画像の差し込み方を、仕事を通して覚えることが出来ます。

こんな素晴らしい事がありますか?

お金をもらってブログを作る練習が出来るのですよ。

自分でWordPress(ワードプレス)の操作方法を覚えてしまえば、将来的にはレンタルサーバーを借りて自分のブログを立ち上げることも可能です。

執筆を中心とした仕事が紹介されている特化型クラウドソーシングと違い、ライティング業務から派生した仕事を探すことができるというのが、総合型クラウドソーシングサービスの強みと言えるでしょう。

このように、特化型クラウドソーシングサービスに比べて、総合型クラウドソーシングのサイトの方がより様々な案件を扱っていることが多く、運営側のオペレーションもより細やかで、副業を始めたばかりのWebライターにとっては適切なサポートを受けられるというメリットがあります。

特化型クラウドソーシングサービスを利用すべきか、総合型クラウドソーシングサービスを利用すべきか悩んでいる方は、まずは総合型クラウドソーシングサービスに登録し、仕事のペースを掴んでいくと良いのではないでしょうか。

▼総合型クラウドソーシングサービス

【ランサーズ】

クラウドワークス

記事一覧リンク
スポンサーリンク
レクタン(大)広告
レクタン(大)広告
この記事が少しでもお役にたちましたら、「いいね!」をして頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

副業Webライター!いろいろな事をしたいなら総合型サイトに登録
この記事をお届けした
niyutaのネット活用術の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップへ戻る